当院の3つの考察

骨格の歪みからの考察


骨格の歪みは姿勢・日常生活での動作・怪我などによって起こります。

例えば骨盤の歪みですが、一般的には『ゆがみ』に注視しがちですが、実は腰痛には『ゆがみ』より『骨盤の関節の動き』を診る必要があるのです。

 

骨盤の関節は上半身の重さを逃がしたり、股関節の動きに連動して動く役割をします。

 

この関節の動きが悪くなると、座っているだけでも腰が痛くなる。

立ち上がる際に腰に痛みが出る

歩いていると腰に痛みがでる。

 

などの傾向にあります。

 

腰痛専門の当院では、骨盤の関節・背骨の関節の動きや柔軟性に注視しております。

筋肉のバランスからの考察


筋肉のバランスは日常生活やスポーツなどの中でバランスが崩れてゆきます。

 

身体は前後・左右・対角線にある筋肉でバランスを取っています。

 

しかし左右の筋肉のバランスが崩れると、弱い側の筋肉に過剰にかかって痛みをつくってしまいます。

 

例えば腰を支える為の背筋の左側が弱かったとします。

すると、動作の中で左側の背筋に負担が掛かり過ぎて筋肉が硬くなり腰痛を発症します。

 

また、弱い左側を庇って右側の背筋が左を補うことで負担が多くなり痛みを発症します。

 

当院では左右の筋バランスのチェックをおこない、必要に応じてPNFをもちいて筋肉のバランスを整えることで腰痛を根本から改善致します。

神経からの考察


日常生活での姿勢や動作で硬くなってします筋肉。

筋肉を揉んでもストレッチをしても、なかなか筋肉は柔らかくならない事があると思います。

 

ではなぜ筋肉を揉んでも伸ばしても、柔らかくならないのでしょうか?

 

その理由は『神経の緊張が解けていないから』なのです。

神経には『伸張性と滑走性』というものがあります。

 

伸張性とは、神経は身体の動きに合わせて伸びたり縮んだりすることを言います。

 

滑走性とは、神経が筋肉の中を滑るように動く事をいいます。

 

この伸張性と滑走性が悪くなることで、その神経にトラブルが起きていると脳が判断してしまい、筋肉を硬くしてしまいます(筋肉の防御反応)

 

当院では独自の『神経リリーステクニック』をもちいて神経の動きも正常に戻す事で、痛みを根本から改善致します

 

骨格や筋肉をアンバランスをする日常姿勢